躁鬱病の疑いがあるときは専門機関で治療を受けましょう

薬物療法による治療

体を動かす男性

躁鬱病の原因と歴史について

躁鬱病になってしまうと感情の差が激しくなって、躁病とうつ病のどちらの気分になってしまいます。初期症状ならその感情の差が激しくなることはありませんが、治療をしていないと躁鬱病の状態が出やすくなり生活にも支障を出してしまうことがあります。症状によっては人を傷つけてしまうことがあるので、そうならないためには自分自身で気づいて早めに治療をすることが大切なのです。躁鬱病はうつ病とは違って心の病気ではないので、カウンセリングをすることで改善することは難しいです。治療法や薬物療法、精神療法などの治療を行っていきます。薬物療法ではその人に合った薬を使って治療をしていきますが、どの薬が患者に合っているのかを判断するのが難しいとされています。そのため薬物による治療は慎重に行っていく必要があるのです。人によっては躁鬱病をうつ病と勘違いしてしまうことがあり、その人はうつ病の薬を服用しても改善することはありません。うつ病の薬で改善しないときは躁鬱病の可能性があるため、再度専門機関で検査をしてもらうことで判明することがあります。

今後の患者数の推移について

精神療法ではカウンセリングとは異なり、自分自身が今起こっている症状を理解していきます。症状を理解することで、自分の感情がどのようになっているかを自分で判断できます。それをコントロールすることによって少しずつ症状改善を行えます。躁鬱病は自分では分からないことが多いため、症状の理解をしていれば再発をしたとしてもすぐに対処することができるはずです。

現在、日本で社会問題になっているものの一つに精神的な病気があります。その中でも躁鬱病は誰でもかかりうる病気として対策が求められています。古くは国外でも、芸術家や知識人に多く見られた病気ですが、ストレス社会となった現代では多くの社会人が悩まされています。 躁鬱病の症状の一つである鬱病は、神経を司る神経が疲弊することで、感情が出にくくなる状態を表わします。もう一つの躁の状態は、些細なことで感情が爆発してしまうことです。 どちらの症状も患者自身が自分の感情をコントロールできなくなってしまい、周りの人には奇異に映ってしまいます。 現在は躁鬱病発症のメカニズムが判明し、治療法も確立しており、早期の受診で治すことができます。

情報化社会がさらに進み、現代人はストレスにさらされることからは避けられないでしょう。しかし、現在は治療法の確立に加え、躁鬱病になりやすい人やなりやすいケースが類型化されており、事前の対策を打つことで大きく患者数が伸びることはないと考えられます。 躁鬱病の治療方ですが大きく2つあります。1つは薬物療法です。感情を伝達させる物質の発生を促す薬物を定期的に補給させることで治療を行います。重篤な鬱病を患っている方には、定期的に薬を飲むことが難しい方もいるので注意が必要です。もう一つは、面談によるものです。躁鬱病の患者には、物事に対し適切でない反応をしてしまう方がいるので、色んなケースを想定し正しい反応を取り戻す治療を行います。