躁鬱病の疑いがあるときは専門機関で治療を受けましょう

周りを傷つける

カウンセリング

日本人の中で躁鬱病になる割合は、100人に1人だとされています。うつ病に比べてこの症状になる人は少ないですが、一度この症状を発症すれば周りの人間を傷つけてしまう可能性があります。躁鬱病になると気分の高揚と沈みのどちらの気持ちにもなってしまい、意識せずに傷つけていることもあるのです。これが頻繁に続くと他人から社会的信用を失いかねないので、自分自身が行っている行動に早く気づいて治療を行わないといけません。躁鬱病は軽い症状で収まる人もいますが、中には感情の波が高くて自分では抑えられない人もいます。ずっと症状が軽いと自然に完治することもありますが、重い人は徐々に症状が悪化する可能性があります。感情障害や思考障害、身体障害などが現れるため、これらの症状を専門医に詳しく伝えることで、躁鬱病の診断をすることができます。この症状に気づかないといつまで経っても症状に合った最適な治療を受けることができません。初期段階で治療を始めることによって早く症状改善が目指せますが、治療法は人によっても異なっているため時間がかかる場合があります。

一度周りの人を傷つけてしまうと人間関係の修復をするのが難しくなってしまいます。少しでも周りの人から指摘をされるときは、専門機関へ行って治療をすることで躁鬱病を特定することが可能です。躁鬱病の診断は光トポグラフィーの検査でも判断をすることができます。この検査方法では、血流を見てうつ病や躁鬱病なのかの診断を行います。